[法務]仕事のルールを定める領域


 サービスの概要
どんな事業でも「どんなモノをいくらで、いつ提供するか」、「誰が何を担当するか」、「利益の割り振りはどうするのか」、「リスクが発生した場合、どのリスクを誰がどのように対応するのか」を決めなければなりません。
 法務部門は、事業の仕組みを定め、各担当がそれぞれの役割をきちんと守るシステムを「契約」というレベルまで構築します。また、取引リスクが顕在化した場合(例:支払いがされない等)、法的手段にスムーズに移行できるサービスを提供しております。
 
サービスの効果・メリット
  • 売掛金の回収や報酬の支払いをきちんと確保できる仕組みができます。
  • 他社との業務連携など複雑な事業形態でもスムーズに行うことができます。
  • トラブルが生じた場合でも、自社に不利にならない状況を作ることができます。

 

この領域の基本的な役割
 
戦略法務の構築 法務戦略も経営戦略に応じて重点を置くべき項目は変わります。経営戦略に法務的観点を加え、トラブルを予期・予防することで費用とリスクを抑える戦略的な体制構築のお手伝いをいたします。 
法人等設立支援 個人事業、株式会社・合同会社、社団法人、有限責任組合などどのような形態が最適かは事業の内容・規模・性質によって異なります。お客様の事業モデルをヒアリングし、最適な事業形態をご提案するとともに、設立の支援を行います。
※登記等については司法書士との個別契約となります。
契約の策定・交渉支援 契約はお客様との取引ルールを定めるものであり、起こりうるリスクやトラブルを想定しながら策定する必要があります。契約条項については、取引相手が大手の場合でも調整の可能性は十分にあります。どのように交渉を進めればいいのか、どのようなデータを用意し、資料を作成すればいいのか、どのような契約条項にすればいいのか、についてご支援いたします。
ビジネスモデルのリーガルチェック ビジネスモデルが違法である場合や許認可が必要な場合、せっかく順調にビジネスが回っていてもある日いきなりビジネスを中止せざるを得なくなります。これから事業を始める場合や現在の事業に不安がある場合、ビジネスモデルの適法性についてチェックを行い、どうすれば適法になるかをアドバイスいたします。
株主総会対応 外部資本を受け入れている場合、株主総会は会社のファンを作る場にも、敵を作る場にもなり得ます。適切な株主総会を運営するとともに、株主に会社の一番のファンになってもらうことで会社の業績向上へとつなげます。逆に敵対的な株主がいる場合には想定問答や周到な総会運営の準備が不可欠です。
クレーム対策 クレーム対応には、理由のあるクレームと不当なクレームがあります。理由のあるものについては誠意をもって応えなければ会社にとって大きな損失となります。他方で、不当なクレームには毅然とした対応をしないと大きな損失となります。クレームがどのような性質のものか、また、どのように対処すれば損失を最大限防ぐことができるのかについて、サポートいたします。
事業譲渡・承継支援 事業の後継者がいないため事業を引き継いでもらいたい、資金調達手段として事業を売却したいなど事業の出口戦略の一つとして事業譲渡、事業承継のお手伝いをいたします。次の事業者につなげるだけではなく、事業が引き継ぎやすい体制構築についてもサポートいたします。

※ 法務に関する、上記以外のサービスも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。